07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09


| Home |
ようやく決定
本日診察デー。
先日電話で「2月の診察には間に合わない」と連絡があったので、今日はまた腹にリュープリン1ヶ月製剤ブチュっと一発+タモキシフェンの処方箋もらって終了だな、と思っていたら
受付にて
「実はオンコタイプが昨日の夜届いたんです。電話しようかと思ったら今日の診察が入っていたので、先生から説明していただいた方がよいかと思いまして」と!

診察室に呼ばれると既に主治医のデスクの上にはネットで見かけたとおりのオレンジ色のラインの入った結果がありました。

オンコタイプの結果がでましたよ。
スコアは16、ローリスクとでたので、これなら化学療法はやってもあまり効果が期待できませんね。
このままホルモン療法続行でいいでしょう。
高い検査だけど受けたかいがある結果でしたね。

中間リスク、それもハイリスクに近いほうの数値が出るんじゃないかと思っていたので、はっきりローリスク群にはいるなんてちょっと驚きでしたが、これで迷うことなくホルモン療法を続けられそうです。

ということで、今回からはリュープリンも3ヶ月製剤にしていただきました。
下腹今回は左側にブチュっと一発。
1ヶ月より分量もやや多いそうで、薬剤を注入するのにかかる時間も長けりゃ痛みも強かった。

ホルモン療法5年ということで、既に開始して3ヶ月で今更だけどホルモン療法に関するパンフレットを頂きました。
それから現在副作用などはどうかと。

3ヶ月製剤になると次の診察は3ヵ月後なのでこの際だからまとめて気になってることはみんな言っとけ~

実は1ヶ月ほど前から血圧が高いんです、私。
元々は上が95くらいしかなかったのが、めまいがひどいな~ってような時に測ると140近くあったり。
日中平常時でも120台後半くらいだったり。

Dr.によるとやや高いけど一応まだ正常値の範囲なのでそれほど心配しなくてもよいそうです。
でも家に血圧計があるなら朝晩測ってみるようにとのことでした。

生活に支障をきたすほどではないんだけどホトフラが最近回数が増えてるので、漢方薬を試してみたいとお願いして、とりあえずDr.オススメの加味逍遥散を出してもらいました。
半分程度に抑えられればより楽になるからね。
飲んでみて効果イマイチならまだ2~3種類あるので順番に試してみようと思います。

家に帰って親にみせました。
やはり数値が出て、しかもローリスクとはっきりでたので安心した模様。
ローリスクとは言ってもボーダーラインギリギリではあるけどね^_^;

スポンサーサイト

病理について】 | CM(4) | top↑
延期らしい
先週、主治医のとこのナースから電話があり、前回の診察時に依頼したオンコタイプDXが時間がかかり次回診察には結果が間に合わないらしい。
この検査に出すのはここでは初めてで申し込み書から取り寄せ。
とにかくやることすべて手際が悪いと言う印象のクリニックであるが、既に手術は終わってるしホルモン療法を先行しているので最低限必要な治療はしてるからまあしょうがないけどよしと。

ここのナースは私の病理が出揃うまでの紆余曲折を知ってからと言うもの、動きがあればすぐに電話をくれるし、人柄はソフトだし親切でとっても好きなんだけど、イササカ頼りないというか・・・

「検査結果が来月の診察には間に合わないから診察してもしょうがないですよね?
 なので診察をキャンセルして再来月に入れさせてください」
ときたのはがっくり

検査結果が遅れるってことはその間ホルモン治療を続けなくちゃいけないと思いますけど~?
お薬は1か月分しか処方してもらってないし、注射も1ヶ月製剤なんで、来月の診察をキャンセルしたらまずいでしょ。
って少々イヤミっぽくチクリと返事しちゃった。

ということで、来月には治療方針が!というつもりでいたのがまたしても延期。
オペから半年近く経っちゃうことになり、もう今更ケモ?って感が大きくなってくる。

セカオピお願いした病理の先生に標本の写真もらったのでオマケ
見たくない人もいるかもなのでたたんでおきます。

...READ MORE▼

病理について】 | CM(2) | top↑
病理セカンドオピニオン
病理結果についての記事も多くなったのでカテゴリーを新しく作ります。
過去記事の修正はボチボチする予定。

さて、病理結果とプレパラートが手元にそろったので、セカンドオピニオンに行ってきました。

まず乳がん患者で術後のフォローアップ中だったのにこんなに大きくなるまで見つからなかったことに驚かれました。

そうだよね・・・私だってそう思ったもん。

まあ、場所がわかりにくいってことだったんだろうな、と納得してるケド。
自己チェックだって毎日朝晩やってたけどシコリに触れたのは偶然、変なポーズで胸に触ったときだったもんな。

標本を見せたらビックリされちゃいました。
「え~こんなにたくさんあるの??」

こんなケース2つ分あります。


主だった部分、気になってる部分だけ顕微鏡で組織を見せていただけました。
(あ~写真撮らなかったのが残念!)

実際に説明しながらガン細胞を見せてもらったんだけど、どんどん拡大していくとなんだかマリメッコの柄のようにアートな感じでかわいかった。

しかしこれはガン細胞・・・実際に自分で犯人を目の当たりにして、ヤツらが細胞分裂してる姿やどんな性質のものか1つ1つ明らかになるにつれ、体を蝕むガンへの恐怖心が芽生えてくるのを感じました。

その場でサクッと一緒に見せてもらった範囲では、
私が気になっていたKi-67はせいぜい20%くらいだろうとのことでしたが、グレードは1ではなくこの先生なら2、リンパ管侵襲も1とするとのことでした。

なるほど納得です。
Ki-67は増殖能をしめすものなのに、グレード1(核異型2、核分裂1)って何で?比例するもんじゃないの?って疑問だったんですが、先生のお見立てを聞いて納得。

そして病理結果報告書には書かれていなかったけど、タチの悪いタイプのガンが割合は少ないけど標本の一部にあるのが気になると言われました。
このタイプのガンは転移しやすいのだそうです。

う~ん・・・
ますます悩ましい状況だ。

ホルモンはバリバリ陽性、ERもPgRも強陽性なのはホルモン療法がよく効くといういいサインなのだそうですが、ホルモン療法のみで十分か不十分かしばらくまだ迷走の海でもがくことになりそう。
とりあえず来週の診察までに質問をまとめておこうと思います。

病理について】 | CM(2) | top↑
病理結果最終報告
本日ようやくすべての病理結果が出揃いました。
ああ、長かったぜ。

ナースからの電話では
「院長に結果は送ってありますので後日院長からお電話で説明があることになってます」とのことだけど、読めばどんなもんか大体わかるもんね。
治療にどう影響するモノかくらいは。

追加で切り出しを依頼してやっぱり悪性だったチビシコリンは
 ER   95%
 PgR  100%
 HER2 negative
 Ki-67 10%

チビの割りにはそこそこ大きさがあって、11mm。(これは前回診察時にもらった病理報告書でわかってた)
コイツがHER2 ポジティブか、もしくはホルモンも含めてすべてnegativeのトリプルネガティブだったらこの時点で化学療法決定だったのですが、チビッコは本丸よりおとなしくKi-67も控えめ。

この結果にちょっとホッとしたのが正直なところ。
本丸シコリンに照準を合わせた治療でOKだと思います。

でもね、絶対化学療法が必要!って決定打がなく、再び迷走の海へ。
となるとやはり本丸の中途半端さがネックに。

どっちもホルモンポジティブ、病理結果が出揃うのにこれだけ時間がかかったことを考えても既にホルモン療法を始めておいたのはとりあえず正解として・・・

いちおう2人の医師に相談してみたところ、1人からはKi-67高値と腫瘍径の大きさから、自分の患者だったら化学療法、と言われました。
もう1人からは、昨年のザンクトガレン以降Ki-67が脚光を浴びて一人歩きしてる感じが強く、その他の要素から考えると化学療法は不要の可能性も大。
自分の患者に似たような結果が出ている人がいて、病理のセカンドオピニオンに出している、とのことでした。

この時点で化学療法を選択する人もいると思うけど。

数パーセントでも再発率が下がるなら化学療法する、と考えるか
数パーセントしか再発率が下がらないなら化学療法はしない、と考えるか

私は後者です。

元々病理のセカンドオピニオンは術前から考えていてプレパラートを依頼していてよかった。
じゃなきゃますます時間がかかってたよ。

これではっきりしなきゃ最後はオンコタイプDXだな・・・
ますます金が掛かるやん(T_T)

病理について】 | CM(2) | top↑
病理結果
本日診察デー。
主治医の診察で、今回はリンパ液も貯まってないし、外科的治療はこれで終了と。

先日の講演会で聞いた新しい再建のことが話題になり、
「あれさ、あの先生もまだ成功はしてないんだと思うよ、だって症例写真なかったでしょ」

確かに。
まあ将来どうなるのか長い目で見てみたいと思います。

そして本日のメイン、病理結果がようやく出ました。

今回は浸潤ガンで充実腺管ガン
 術前の針生検では硬ガンとのことでした。
 でもこの違いは今後の治療に影響はしないそうです。

腫瘍サイズ : 22×20×15mm 
  →2cmまでが初期ガン。
   若干初期ガンのボーダーを超えてしまいましたので T2 ということになりました。

Nuclear feartures grade : 1
  → 悪性度 1で、おとなしいタイプ

リンパ管、静脈内侵襲 :なし

断端 : Negative

リンパ節転移 : なし 
 センチネルは今回は1個でした。

HER2スコア : 1
 →HER2陰性

ホルモンレセプタ : ER、PgRとも強陽性(90%)

Ki-67 : 30%
 →ガンの増殖能 やや高い


自分で見つけて以来、オペまでのほぼ2ヶ月ではっきりわかるくらいに成長したシコリンはやはり増幅力があった模様

Ki-67っていうのは細胞増殖マーカーといわれるもので、4年前のオペの時には見ていなかったけど、数年前から結構注目されている。
20%未満であればホルモン療法単独でOK、30%以上の場合は化学療法+ホルモン療法の適応。
いろいろ見ていると14%を境にしているのが多くて、30%は結構高値だったりする。

化学療法は別のDr.が担当のため、来月診察を受けて話を聞くことに。

ちょっと待て・・・オペ前に受けたPETではもう一個小さな集積があったけど、そいつの病理は??
主治医に詰め寄ったら、急ぎで病理の外注先ラボに問い合わせ、新たにまた切り出しとなりました。

ちびシコリンのほうがHER2陽性だったりしたら、これで潔く化学療法の決心も固まるかな。
でも今の状況ではかなりビミョー。
全摘でリンパ管、静脈内侵襲なしってことは取りきれてると考えてよしだと思うと、化学療法のやりがいがないというか。
いるかもしれないしいないかもしれない敵を退治しておきましょう、ってのは私の性格的に受け入れがたい

子宮筋腫の事もあって今回はホルモンレセプタポジティブならホルモン療法は積極的に受けるつもりりだと主治医に伝えたところ、今日から早速リュープリンスタートすることになりました。
診察室のデスクでいきなり腕にブズリ
主治医のところで定期的に婦人科のDr.が診察に来ているので今後の診察はここで一本化できるらしいです。
いちいち婦人科で乳がんについて説明しなくても済むのは楽です。
こちらも一度受診してみようかと思います。

まずはリュープリン1ヶ月製剤。
意外と痛くなかったです。

来月の診察のときまでに重篤な副作用がなければ3ヶ月製剤にスイッチする予定。
3ヶ月でお値段倍って1か月分オトクだし、健保の付加給付のおかげで2万円で頭打ちなのでやっぱ3ヶ月製剤でしょ~
2年だから24ヶ月/3=8回 だもんね。

抗エストロゲン剤のノルバデックスは院外処方ゆえ、処方箋を持って調剤薬局にいくんですが、薬が薬だけに街中のドラッグストアにフツーにおいてあるとは思えない。
クリニックの受付で相談してもわからないというので、手っ取り早くポイント目当てにいつも処方薬はココと決めてる職場の隣のちょっと大きめドラッグストアで相談するつもりでいたら、お会計の間に事務の方がそのドラッグストアに問い合わせをしてくれて、そこでよければ取り寄せで夕方には用意できるそうじゃありませんか。

地元院は多少頼りないところもあるけど、こういうところはホントに心配りが行き届いていてうれしい。

帰りにノルバデックスを調剤薬局で購入。
今回はちょっと厄介な薬なので、受け取る前にもしっかり説明がありました。
「今日から5年間の服用です。お薬で副作用が出たことがあるので、今回も注意しておいてくださいね」と。
いつもココで統一してるので、薬のアレルギーとかカルテが残っていて、ホームドクターならぬホームドラッグストアなのです。

主治医からの指示では毎朝1錠ということなので、明日の朝からスタートすることにしました。

病理について】 | CM(2) | top↑
| Home |
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

OPAL

Author:OPAL
ズボラ~楽天的独身OL。
SE6年を経て秘書として転職(今は秘書業務からは外れてマス)

ダイエット、掃除、節約が永遠のテーマ
アラフォー、ここが女の桶狭間、目下女子力復活目指して模索中

趣味:旅行、読書、映画、美術館&博物館めぐり、お買い物、食べること

10月28日生まれ さそり座 A型

月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
OPALのオススメ
Amazon




手作り化粧品材料 マンデイムーン


お手ごろ価格アロマショップ
ease-aroma-shop


1日1回運試し


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
etc.
リボン運動
アルバム